MENU

東北のクリスマスー「PEACE PIECE ART SHOW」 @ISHINOMAKI 2016.12.24より開催

2016年12月24日の夜。

石巻市内近辺より集まった地元の皆さんとPEACE PIECE代表・高畑夫婦のクロストークを行いました。

支援を受ける側と支援する側。

震災後変わりゆく石巻の現状、そして、今後の未来について話し合いました。

この日は、PEACE PIECE代表理事・高畑勝樹と地元・女川町のRYO(タンノリョウくん)が音楽でセッション。

「命を偲び、平和を祈る」という想いを込めて、ジョン・レノン&オノ・ヨーコの名曲「HAPPY XMAS(WAR IS OVER)」を皆で歌いました。

RYOくんは宮城県の女川町に生まれ育ち、震災当時はまだ中学生でした。

しかし、女川町は震災の大津波でも壊滅的な被害を受けた場所。

いよいよ来年2017年度、めでたく成人式を迎えることになります。

震災を乗り越えた子どもたちがこうして成長し、夢を追いかける姿には心を打たれますが、いつも勇気をもらいます。

この記事を書いた人

高畑 明希子
高畑 明希子
一般社団法人PEACE PIECE監事 / 株式会社FIVE POINTZ取締役
1981年生まれ 福岡県出身

聴覚・視覚・知的障害児者施設や高齢者施設等を訪問し、幅広くボランティアに携わり、将来継続できるボランティアの体制やコミュニティーの場を作りたいと考える。 東日本大震災を機に夫婦で東北地方へ繰り返し訪問し、子どもたちを中心とした支援活動を開始。2016年に「一般社団法人PEACE PIECE」を設立。自身に出来るアートやイラストの展示や販売、イベント開催などによるチャリティー活動を行う。赤十字救急法救急員の資格を取得、被災地を訪問した経験から現地の声を活かした防災・減災活動をイベントや講習で実施。現在、自身のボランティア経験や手話の資格を活かし、障害児・者との交流の場作りや、女性目線での防災、子どもの貧困問題による地域の居場所作りにも取り組む。

 FOLLOW US 

 

 

 BLOG 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です