MENU

赤十字救急法ーAED講習・けがの手当て

PEACE PIECEでは、日本赤十字社の神奈川県支部にて、赤十字救急法について学習しております。

今年冬以降、PEACE PIECEでは防災や救急にちなんだ講習やイベントを行うべく、東北の方々との連携はもちろん、様々な団体とのコラボレーションを考えております。

赤十字さんの救急法では、AED講習から始まり、けがの手当て(止血・包帯・骨折など)まで幅広く学びます。

AED講習は教習所で受けたきりなので、繰り返し復習して、実践できるようになることが大切だと実感しました。

そして、けがの応急処置は震災時にも大いに役立つこと。

もちろん普段の日常生活でもけがや急病は突然起きることです。

しかし、防災も同じなのですが、繰り返し何度も反復しなければ、とっさの時に行動はできないのではないかと思います。

「今は失敗してもいい。だから、何度も練習して下さい。覚えるまでしっかり練習すること」

「怖がらずに実践すること。救急法を学んだからには自信を持って行動してください」

赤十字の方も繰り返し伝えていたことです。

実際、AEDを行う時怖がってしまう人も多いそう。

しかし、実際に心肺蘇生を行う必要がある時、たとえ骨が折れようとも、蘇生を繰り返すことの方が大事だと赤十字社の方は言います。

習得したからには、冷静に、迅速に判断し、正しく行動すること。

PEACE PIECEのイベントでも、子どもから大人まで楽しみながら学ぶことができる防災講習を考えています。

何よりも継続しての学びが必要になりますよね。

私たちも「トライ&エラー」を実践していくことが大事だと伝えています。

失敗しても学び、繰り返しながら発見がある。

それは、私たちも全く同じ。

体に覚えさせながら、皆で災害時協力し合えるよう努めます。

PEACE PIECEのイベントでは、AED講習についても、現在コラボ企画を持ちかけ、進めております。

専門的に学ぶこと、気軽にイベント等で学ぶことー両方の側面から考えていく必要がありそうです。

この記事を書いた人

高畑 明希子
高畑 明希子
一般社団法人PEACE PIECE監事 / 株式会社FIVE POINTZ取締役
1981年生まれ 福岡県出身

聴覚・視覚・知的障害児者施設や高齢者施設等を訪問し、幅広くボランティアに携わり、将来継続できるボランティアの体制やコミュニティーの場を作りたいと考える。 東日本大震災を機に夫婦で東北地方へ繰り返し訪問し、子どもたちを中心とした支援活動を開始。2016年に「一般社団法人PEACE PIECE」を設立。自身に出来るアートやイラストの展示や販売、イベント開催などによるチャリティー活動を行う。赤十字救急法救急員の資格を取得、被災地を訪問した経験から現地の声を活かした防災・減災活動をイベントや講習で実施。現在、自身のボランティア経験や手話の資格を活かし、障害児・者との交流の場作りや、女性目線での防災、子どもの貧困問題による地域の居場所作りにも取り組む。

 FOLLOW US 

 

 

 BLOG