MENU

「PEACE PIECE ART SHOW Q and A」ー東北の子どもたちと作る「ピースアート」

「PEACE PIECE ART SHOW Q and A」

東日本大震災、命の尊さについて伝えるアート展。

「世田谷ものづくり学校」にて11/23〜28の間、開催致します。

http://pp-jpn.com/project/peace-piece-art-show

今年の7月に開催した「PEACE PIECE Art La festa」でも、東北の子どもたちの協力で「ピースアート」を作らせていただきました。

今回も「ピースアート」の展示を行うため、製作中です。

前回同様、ベースとなるアートのデザインをしました。

ベースのアートをボードに貼って、ピースの形に切って、下地を塗って、乾燥中の画です。このピース1枚1枚を、東北の石巻の子どもたちと一緒に描いていきます。

一つのピースを一人の子どもが描き、繋ぎ合わさることで一つの大きな作品となります。

「一欠片」という意味でもあり、「平和」という意味でもあり…

私たち「PEACE PIECE」という団体名に掛け合わせたアート作品でもあります。

基本的にイメージを伝え、子どもたちが好きなように自由に描いてもらいます。

東北の現地と繋がるアート作品となります。

この記事を書いた人

高畑 勝樹
高畑 勝樹
一般社団法人PEACE PIECE代表理事 / 株式会社FIVE POINTZ代表取締役
1981年生まれ 山口県出身

2005年、東京都多摩市のデザイン会社へ入社、グラフィックデザイナーとしてのキャリアを開始。グラフィックからWEBまで幅広く分野を拡げ、教育関連企業のインハウスデザイナーと取締役の兼務を経て、2014年に独立。「デザイナーに出来る社会貢献とは」を模索し、妻と共に2015年より震災後の東北地方に訪問を始める。2016年「一般社団法人PEACE PIECE」を設立。デザインやクリエイティブを活用し、活動する現地の遺族や町興しの広報などのサポートに力を入れている。赤十字救急法救急員・有資格。

 FOLLOW US 

 

 

 BLOG 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です