MENU

「越喜来芸術祭」ーライブペイント終了、集合写真

「越喜来芸術祭 」無事終了致しました。

当日は夕方以降は雷雨に見舞われました。

翌日も朝から雨模様でしたが、壁画の様子を見に現地へ。

現地へ着くと、昨日参加されていた皆さんがタイミングよく集まり出し、そして、晴れ間も見えてきたのです。

皆さんで協力し合い、ブルーシートを除けると… 壁画は無事、雨から守られていました。

そして、その場所にいた皆さんで集合写真を撮影することができました。

横から写真を撮影することが難しいですが、皆さんと撮影することができ嬉しいですね。

皆さん、震災後ボランティア等でここ越喜来に関わりのある方ばかり。

何年経っても、こうして集まって、現地の方と外から来た皆でできる祭があることはとても素敵ですね。

写真は地元の皆さんと、夜はバーベキューを楽しみました。

来年も楽しみにしています。

鉄道中に絵が広がっていったら楽しいでしょうね。

どうもありがとうございました。

 

この記事を書いた人

高畑 明希子
高畑 明希子
一般社団法人PEACE PIECE監事 / 株式会社FIVE POINTZ取締役
1981年生まれ 福岡県出身

聴覚・視覚・知的障害児者施設や高齢者施設等を訪問し、幅広くボランティアに携わり、将来継続できるボランティアの体制やコミュニティーの場を作りたいと考える。 東日本大震災を機に夫婦で東北地方へ繰り返し訪問し、子どもたちを中心とした支援活動を開始。2016年に「一般社団法人PEACE PIECE」を設立。自身に出来るアートやイラストの展示や販売、イベント開催などによるチャリティー活動を行う。赤十字救急法救急員の資格を取得、被災地を訪問した経験から現地の声を活かした防災・減災活動をイベントや講習で実施。現在、自身のボランティア経験や手話の資格を活かし、障害児・者との交流の場作りや、女性目線での防災、子どもの貧困問題による地域の居場所作りにも取り組む。

 FOLLOW US 

 

 

 BLOG