MENU

宮城県石巻市ーライフサービスおまかせ本舗・小野寺政昭さん、海苔漁師・相澤充さんと会合

6月18日夜、宮城県石巻市にて。

宮城県石巻市のライフサービスおまかせ本舗・小野寺政昭さんと石巻の海苔漁師・相澤充さんと石巻駅前のカフェトゥルーテへ。

ボリューム満点で、愛情こもった料理がとても美味しく、アットホームなお店。

小野寺さんへは、PEACE PIECE代表の高畑勝樹のデザイン事務所でデザインさせていたいだTシャツとキャップをお渡し、お披露目。

こちらの写真がそのTシャツとキャップです!

写真:ライフサービス おまかせ本舗の小野寺政昭さん(遺品整理士)。皆さんの普段の生活でのあらゆる「困った」に対応サーピスを行なってます。

そして、相澤さんは今、漁のオフシーズン。

この時期に限ってゆっくり飲んで語ることができる貴重な機会。

いつも定期的にお会いして石巻の現状を伺うのはもちろんですが、こうして元気な笑顔を見ることが何よりも安心ですね。

東北の方たちは普段、笑顔で前向きに頑張っていても、飲みに行ったりすると、震災当時の話になり、涙を見ることも6年経過した今でもあります。

相澤さんも、震災当時は自分の目の前で、大親友である漁師仲間が津波に飲み込まれ、亡くなっています。

今日もその話になった時は、昨日のことのように話すのです。

時間は経過しても、悲しみは癒えるものではなく、忘れることはない。

それでも前を向いて歩いている。

お2人にも寄り添う支援者の方々が各地にたくさんいます。

東北の方々の心にいつも勇気を与えているのです。

日頃、PEACE PIECEのイベントでも、お2人の震災の体験談を伝えています。

来年度は関東でお2人を招いて、語り部のイベントも行っていきたいと相談しております。

写真:一番左からPEACE PIECE監事・高畑明希子、石巻市ライフサービスおまかせ本舗・小野寺政昭さん、石巻市海苔漁師・相澤充さん、PEACE PIECE代表理事・高畑勝樹、石巻市復興事業部主任主事・赤井優さん。

この記事を書いた人

高畑 明希子
高畑 明希子
一般社団法人PEACE PIECE監事 / 株式会社FIVE POINTZ取締役
1981年生まれ 福岡県出身

聴覚・視覚・知的障害児者施設や高齢者施設等を訪問し、幅広くボランティアに携わり、将来継続できるボランティアの体制やコミュニティーの場を作りたいと考える。 東日本大震災を機に夫婦で東北地方へ繰り返し訪問し、子どもたちを中心とした支援活動を開始。2016年に「一般社団法人PEACE PIECE」を設立。自身に出来るアートやイラストの展示や販売、イベント開催などによるチャリティー活動を行う。赤十字救急法救急員の資格を取得、被災地を訪問した経験から現地の声を活かした防災・減災活動をイベントや講習で実施。現在、自身のボランティア経験や手話の資格を活かし、障害児・者との交流の場作りや、女性目線での防災、子どもの貧困問題による地域の居場所作りにも取り組む。

 FOLLOW US 

 

 

 BLOG