MENU

宮城県女川町ー「きぼうのかね商店街」セボラの堂賀夫妻を訪問

宮城県女川町の「きぼうのかね商店街」のカフェにて、イベントの報告兼ねて、セボラの堂賀夫妻にお会いしました。

写真:左からPEACE PIECE代表理事・高畑勝樹、セボラの店主・堂賀貞義さんと光枝さん。

ご主人の堂賀貞義さんはアーティストでシルクスクリーン製作、奥様の光枝さんも小物作りが得意だそうで、お店にはお二人のたくさん可愛いグッズが置かれています。

下の写真で私が持っている小さなバックのアクセサリー。

女の子なら部屋に飾りたいくらいですよね。

昨年11月の東京の展示の際に、ご主人のイラストのグッズ販売させていただきました。

これがその時のポストカード。

ご主人の細かいシルクスクリーンの画法に驚きですね。

残念ながら震災の影響で、シルクスクリーンの機械が破損し、過去にあった作品のみしか今はありません。

今後も私たちのイベント等でも、微力ですが、手助けできればと考えております。

イベント時はクリスマス時期ということもあり、ポストカードは大好評でしたね。

お休みにも関わらず店開けていただいてありがとうございました。

この記事を書いた人

高畑 明希子
高畑 明希子
一般社団法人PEACE PIECE監事 / 株式会社FIVE POINTZ取締役
1981年生まれ 福岡県出身

聴覚・視覚・知的障害児者施設や高齢者施設等を訪問し、幅広くボランティアに携わり、将来継続できるボランティアの体制やコミュニティーの場を作りたいと考える。 東日本大震災を機に夫婦で東北地方へ繰り返し訪問し、子どもたちを中心とした支援活動を開始。2016年に「一般社団法人PEACE PIECE」を設立。自身に出来るアートやイラストの展示や販売、イベント開催などによるチャリティー活動を行う。赤十字救急法救急員の資格を取得、被災地を訪問した経験から現地の声を活かした防災・減災活動をイベントや講習で実施。現在、自身のボランティア経験や手話の資格を活かし、障害児・者との交流の場作りや、女性目線での防災、子どもの貧困問題による地域の居場所作りにも取り組む。

 FOLLOW US 

 

 

 BLOG 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です