MENU

デザインで社会貢献をする「デザシャカ」ー宮城県石巻市コンテナ看板デザイン・ペイント

宮城県石巻市にて、建設された複合施設「ロングビーチハウス」。

オープンから約1年、目立つ大看板が無かったのです。

このプロジェクトは、PEACE PIECE代表でありデザイナーでもある高畑勝樹が主宰するプロジェクト、デザインで社会貢献する「デザシャカ」の一環として企画されました。

高畑の起こしたデザインを、「石巻のみんなと一つになってコンテナに描いて作り上げよう」という企画。

ロングビーチハウススタッフと打ち合わせを重ね、デザインが完成。

そして、2016年2月27日、ロングビーチハウスにてペイント大会がイベントとして行われました。当日は県外からも地元石巻からも、地元石巻の大人と子どもたちがたくさん集まってくれました!

午前中からペイントが開始され、お昼には特製豚汁&パエリアランチが振る舞われ、たくさんの交流と笑顔が生まれました。

日没までの完成を目指し、午後からもスパートを掛けてペイントが施されました。

皆さん真剣そのもの。凄い集中力で見事、素敵な看板が完成しました。

最後に参加者の名前を刻んで、記念撮影!

この看板を一つのモニュメントとして、ロングビーチハウスがは石巻の皆さんに取って愛着のある場所になってくれたら幸いです。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

この記事を書いた人

高畑 明希子
高畑 明希子
一般社団法人PEACE PIECE監事 / 株式会社FIVE POINTZ取締役
1981年生まれ 福岡県出身

聴覚・視覚・知的障害児者施設や高齢者施設等を訪問し、幅広くボランティアに携わり、将来継続できるボランティアの体制やコミュニティーの場を作りたいと考える。 東日本大震災を機に夫婦で東北地方へ繰り返し訪問し、子どもたちを中心とした支援活動を開始。2016年に「一般社団法人PEACE PIECE」を設立。自身に出来るアートやイラストの展示や販売、イベント開催などによるチャリティー活動を行う。赤十字救急法救急員の資格を取得、被災地を訪問した経験から現地の声を活かした防災・減災活動をイベントや講習で実施。現在、自身のボランティア経験や手話の資格を活かし、障害児・者との交流の場作りや、女性目線での防災、子どもの貧困問題による地域の居場所作りにも取り組む。

 FOLLOW US 

 

 

 BLOG 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です