MENU

「PEACE PIECE ART SHOW-Q and A-」ー宮城県石巻市子どもたちのアート作品

本日も19:00まで、ギャラリーオープンです。

17:00からトークイベントがありますが、ギャラリーは通常通りご覧いただけます。

アート展の恒例、ピースアート。

パズルのピース上に分割されたキャンバスに様々な人がそれぞれ彩を乗せて展示の際に初めてつなぎ合わせる作品。

今回は宮城県石巻市の現地の方々中心に描いていただきました。

ご家族を亡くされた子どもたちや、現地でボランティア活動に携わっていた方々が描いてくれました。

ベースのアートを自分がデザインし、PEACE PIECE監事・アーティストの高畑明希子も一緒にピースを描かせてていただいています。

ベースのアートは決して良いとは言い切れない現実を表現、そこにみんなが明るい希望や未来を乗せてくれたイメージです。

「PIECE」とは「繋ぎ合わせる、繋がる」思いを込めたアート作品です。是非見に来てください。

この記事を書いた人

高畑 勝樹
高畑 勝樹
一般社団法人PEACE PIECE代表理事 / 株式会社FIVE POINTZ代表取締役
1981年生まれ 山口県出身

2005年、東京都多摩市のデザイン会社へ入社、グラフィックデザイナーとしてのキャリアを開始。グラフィックからWEBまで幅広く分野を拡げ、教育関連企業のインハウスデザイナーと取締役の兼務を経て、2014年に独立。「デザイナーに出来る社会貢献とは」を模索し、妻と共に2015年より震災後の東北地方に訪問を始める。2016年「一般社団法人PEACE PIECE」を設立。デザインやクリエイティブを活用し、活動する現地の遺族や町興しの広報などのサポートに力を入れている。赤十字救急法救急員・有資格。

 FOLLOW US 

 

 

 BLOG 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です